関根勤 21歳の時、浅井企画社長直々のスカウト断った…それでも社長の一言で決心

タレントの関根勤

 お笑いタレントの関根勤(64)が18日、読売テレビ「八方・陣内・方正の黄金列伝」(後4・30)に出演し、芸能界入りの経緯について明かした。浅井企画の社長直々にスカウトされたものの当初は断ったという。 関根の芸能界入りは、TBS「ぎんざNOW」(1972~79年)の「素人コメディアン道場」のオーディションを受けたことだった。当時、21歳。「思い出作り」程度だったという。関根はそ
Source: gunosy.com

【悲報】世間が五輪で盛り上がる中、錦織圭がひっそりとツアー復帰しひっそりと負ける…………

1: 2018/02/18(日) 17:17:03.94 ID:yY5trrTv0.net BE:819973909-2BP(2000)
 テニス・ニューヨークオープン(17日、ニューヨーク州ユニオンデール)単準決勝で
世界ランキング27位の第5シード、錦織圭(28)は、世界11位の第1シードで、
過去6勝1敗のケビン・アンダーソン(31)に1−6、6−3、6−7(4−7)で敗れた。

 この大会は昨年まで米メンフィスが舞台で、錦織は2013~16年まで4連覇。
半年ぶりのツアー大会だった。

no title

シングルス準決勝で惜しくも敗れたコリコリ

そーず
http://www.sanspo.com/sports/news/20180218/ten18021812040002-n1.html
錦織は決勝進出ならず 世界11位にフルセットで敗れる

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518941823/


続きを読む

Source: gossip1.net

【画像】指原莉乃プロデュース『けものフレンズ』が神クオリティ

1: 名無しさん@涙目です。(pc?) (8段) [GB] 2018/02/16(金) 20:56:04.54 ● BE:335835999-2BP(2000)

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
指原莉乃プロデュースのアイドルグループ「=LOVE」が“けもフレ”衣装姿を披露
https://www.oricon.co.jp/article/402235/

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

声優版
no title

続きを読む

Source: uwasainfo

MOROHA 結成10周年イヤーとなる今年、自主企画ライブ「怒濤」の 第十五回、第十六回の開催を発表!

MOROHA 自主企画ライブ「怒濤」の 第十五回、第十六回の開催発表!
今年結成10周年を迎えるMOROHAが、自主企画「怒濤」の第十五回を4月12日(木)、および第十六回を5月17日(木)に開催することが2月14日(水)開催された同じく彼らの自主企画「怒濤」第十三回(対バン:SUPER BEAVER)のライブ中に発表となった。
これでMOROHAの「怒濤」は1月13日(土)に竹原ピストルを迎え開
Source: gunosy.com

佐々木希、大政絢と可愛すぎるパン屋姿を披露してしまうwwwwwwwww

1: 2018/02/18(日) 14:27:37.47 ID:CAP_USER9.net
女優の佐々木希(30)が自身のインスタグラムで、同じく女優の大政絢(27)とパン作り体験をしたことを報告し、話題となっている。

no title

http://dailynewsonline.jp/article/1405275/

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518931657/


続きを読む

Source: gossip1.net

石橋杏奈「こんな表情、家でもしてるよね」母親も太鼓判の素顔写真集

現在放送中のドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)、映画「ロマンス劇場で」に出演している女優の石橋杏奈が、3年ぶり4冊目の写真集『Clarity』(光文社)を発売、記念したイベントが、東京・八重洲ブックセンター本店で行われた。
「久しぶりに写真集を出させていただいて、今までの中で一番素に近い状態で撮れた写真集なので、それを皆さんの元に届けられるのは嬉しいです」と微笑む石橋。昨年の夏に沖縄で撮影
Source: gunosy.com

フジテレビ、五輪の裏番組がヤバイレベルでコケる!!! これもう終わりだろ……

daiba_20
1: 2018/02/16(金) 18:59:13.38 ID:CAP_USER9.net
オリンピック放送で裏番組が大コケ!“五輪砲” にやられた番組は立ち直れるのか

 2月9日に開会式が行われ、連日盛り上がりをみせる平昌五輪。

 テレビでも各局が生中継や特番を組んで放送しているが、そのぶんあおりを食う裏番組が、どうしても出てきてしまう。

 たとえば12日。高木美帆が銀メダルを獲得したスピードスケート女子1500メートルと、高梨沙羅が銅メダルを獲得したジャンプ女子個人ノーマルヒル
の生中継が、並行して放送されていた。しかも、2選手のメダル獲得の瞬間は、ほぼ同時刻のこと。日本中が大いに盛り上がった。

 裏番組にあたる月9ドラマ『海月姫』(フジテレビ系)第5話の視聴率は5.3%。先週の7.5%から大きく下がり、自己ワーストとなった。さらに競技が
最も盛り上がった22時台になると、同じくカンテレ・フジテレビ系のバラエティ『世界の村のどエライさん』が、2.1%という、これまた自己ワーストと
なる視聴率を記録してしまった。

 同時間帯に放送された『報道ステーション』(テレビ朝日系)も、この日は4.4%と、通常10%超えの番組が苦戦を強いられた。ほかにも、10日にレジ
ェンド・葛西紀明が出場したノルディックスキー・ジャンプ男子個人ノーマルヒルの中継と重なった、ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったこ
とに~』(日テレ系)第5話の視聴率が7.1%で前週から3.9ポイントの大幅ダウンを記録した。

「オリンピックやワールドカップ、日本シリーズなどに視聴者が集中することはよくありますが、特にドラマの視聴者層は一定の固定客が多いので、こ
こまでかぶっているとは思いませんでした」

 と、あるテレビ関係者。たとえ裏番組のドラマを見ていたとしても、メダル獲得の速報が流れれば、チャンネルを変える視聴者もいるからなおさらだ。

 12日のスピードスケートは平均13.0%、スキージャンプが24.8%、そして14日のスピードスケート女子1000メートルでは、瞬間最高33.0%(平均でも2
4.9%)をたたき出し、裏番組は完全に“五輪砲”をくらったかたちだ。

 この五輪などに視聴者が偏る現象は、近年また強まっている傾向があると、ある放送作家は言う。

「今回の裏番組を通常の週に見ていた層には2種類あります。ひとつは、特に見るものがなくて、消去法で見ていたという層。その層は、単純にいつも見
ているものよりもっと面白いものがやっているからそっちを見る。『報ステ』の視聴者は完全にそうですね」

 もうひとつの層は、普段ドラマを見ている視聴者層だ。

「こちらは、基本的には好きでその番組を見ている、積極的な層です」(同放送作家)

 その多くが、楽しみにしていたドラマから五輪中継に流れたのはなぜか。

「こういった特別感は、“一緒に見たい!”という気持ちが働く。一緒にというのは、本当に誰かと一緒にということだけでなく、SNSやネット掲示板な
どで同時に盛り上がる意味合いも強いです。ドラマも見たいけど、ライブとして盛り上がるのは、やはりオリンピックということだと思います」

 つまり、いつも見ているドラマは、録画して見ようということだ。

 この先も、羽生結弦らが出場する男子フィギュアやレジェンド・葛西のラージヒルなど、注目種目はまだまだ続く。五輪開催期間中は、視聴率が大幅
ダウンしても仕方ないことではある。

 しかし、五輪終了後に、開催前と同じ水準の視聴率に戻るものなのだろうか。前出の放送作家は言う。

「一度、視聴習慣を途切れさせてしまったものを戻すには、やはりその番組の魅力によります。録画してそのまま見なくなってしまうこともありますし
、熱をどこまで保てるのかというところにかかっています」

 五輪終了後、同程度の水準に戻すことができた番組は、良コンテンツと判断していいともいえそうだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/14306673/

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518775153/


続きを読む

Source: gossip1.net