『アンナチュラル』が死ぬほど面白い…近年のドラマでNo.1、「見ないと絶対に損」断言

石原さとみが主演を務める今クールの連続テレビドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の第1話が12日、放送された。
 ある日、法医解剖医・三澄ミコト(石原)が勤務する不自然死究明研究所(UDIラボ)を、息子の死因に疑問を持った初老の夫婦が訪れ、遺体解剖を依頼する。三澄は臨床検査技師・東海林夕子(市川実日子)、記録員・久部六郎(窪田正孝)ら共に解剖と調査を進めるうちに、亡くなった男性の同僚で劇薬毒物製品
Source: gunosy.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA