ホーキング博士が死去、難病と闘った“車いすの宇宙物理学者”

ALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘いながら、ブラックホールの研究を続けたイギリスの宇宙物理学者、スティーブン・ホーキング博士が亡くなったと、イギリスのBBCなどが伝えました。76才でした。
 ホーキング博士は、宇宙の起源やブラックホールなどに関する独創的な宇宙論を発表した著書「ホーキング、宇宙を語る」がベストセラーとなり、車いすの宇宙物理学者として広く知られていました。
 イギリスのBBCは、ホーキ
Source: gunosy.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA