「東京ロマンチカ」三條正人さん、死の間際まで持ち続けていた“歌手魂”

5日にマントル細胞リンパ腫のため、74歳で亡くなった「鶴岡雅義と東京ロマンチカ」のリードボーカル、三條正人さん。甘い歌声で一時代を築いた三條さんを取材していると、驚いたのは、最後まで持ち続けた気力だった。
 事務所関係者によると、亡くなる前日の4日に、遺品を家族が調べたところ、携帯から馬券を購入していたことが分かったという。これには医師もビックリ。「生きようとする気持ちがすごい」と感心していたそう
Source: gunosy.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA