SexyZone中島健人は「壮絶ないじめ」を乗り越えていた

「紅白歌合戦」へ5度目の出場を果たしたSexyZone。2017年はソロ活動も盛んで、歌にドラマに映画にと、全員が多方面で活躍した。5人の中で“キラキラ王子”の座を不動にしているのが中島健人。キザなセリフを自然に口にできて、フレンドリーで爽やか。非の打ちどころがない王子様ぶりだが、しかし彼には思いもよらぬ暗い過去がある。「小学生のころは自意識過剰、一匹狼だったそうです。そんな自分を変えたいと中学生
Source: gunosy.com

ダンプ松本 星野さん悼む「情熱の男でした。残念です」

プロレスラー、ダンプ松本(57)が7日、急逝した星野氏について「情熱の男でした。残念です」と悼んだ。
 中日のエースだった星野氏から「よお、ダンプ!頑張れよ」と明るく声を掛けられたことが思い出だという。
 この日は、芸能事務所「ベリーベリープロダクション」制作の公開生放送番組「アイドルにさせといて!」(隔週日曜、FRESH!By CyberAgentで放送)に乱入。「(80年代のフジテレビ)夕やけ
Source: gunosy.com

島田紳助さん、フット後藤がMCで売れるのを予想していた

1: 風吹けば名無し 2018/01/05(金) 14:55:28.76 ID:ojwi/NdMd

紳助「(後藤は)芸能界でクリーンナップ打つために今6番7番打って待っとんねん。どっかのクリーンナップが怪我した時に代打でクリーンナップを打つ日が来ることを待ってる」

11

続きを読む

Source: uwasainfo

星野仙一さん、監督時代は選手やコーチを血まみれになるほど殴っていたという美談が発覚wwwwwwwwwwwww

300x300s_FFFFFFFF
1: 2018/01/07(日) 09:21:26.59 ● BE:679785272-2BP(2000)
星野さんを取材し始めたのは中日での第一次監督時代だった。血気盛んな頃だ。

容赦なく殴った。コンプライアンスやパワハラがSNS上で大問題にされる現在ならどうなっていたのだろう。ベンチ裏、ロッカーで“生臭い異音”を聞いた人は数知れず。

“レジェンド”山本昌も殴られた。捕手の中村武志(現韓国起亜タイガースコーチ)は負けた試合では、ほとんど毎日のように鉄拳を食らわされていた。
今は、追手門大学の監督をしている小島弘務が血だらけになった口元をタオルで押さえて移動バスに乗り込んだ姿は鮮烈に覚えている。

「逃げるな」。殴られる理由は決まっていた。勝負を逃げての四球や被弾を嫌う。

躊躇や引きさがっての失敗、無難、怠慢、単純なサインミスなど、次につながらないミスは、どんな小さなものでも許さなかった。

「選手ができないのはコーチの教育が悪いせいだ」

円陣を組ませ全員の前でコーチまで殴った。

星野さんの中日監督時代は、時折、球場に報道陣立ち入り禁止の“仙のカーテン”を敷き、広報は「サインプレーの確認のため」と弁明したが、中では血生臭いチームの引き締めが行われていた。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000002-wordleafs-base


続きを読む

Source: gossip1.net

安達祐実、ド緊張の“with B”ネタ

女優の安達祐実(36歳)が1月8日、自身のInstagramで、「安達祐実 with B」ショットを披露している。安達はこの日、「#1月9日 #夜7時から #ザ世界仰天ニュース #新春4時間スペシャル」と出演番組を告知。そしてwith Bと「ネタをやらせていただきました!」と報告しているが、「#私ったら #近年稀に見る緊張ぶり」だったそうだ。これにファンからは「絶対見ます!」「めちゃめちゃキレイだ
Source: gunosy.com

ヤマト、値上げしたくせにパンク、荷物届かず。経営陣が無能なのか……?

無題
1: 2018/01/07(日) 14:36:35.57 BE:226456927-PLT(12522) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/premium/1372182.gif
配達の負担軽減へ ヤマトが駅ビルに試着スペース
1月4日 12時35分IT・ネット

宅配最大手のヤマトホールディングスは、商品の返品などによる配達の負担を減らそうと、
東京都内の駅ビルに客が注文した衣料品を試着できるスペースを設け、
その場で商品を受け取ってもらう取り組みを4日から始めました。

この取り組みは、ヤマトホールディングスがアパレル企業と提携し、
東京 大田区のJR大森駅に隣接するビルで試験的に始めました。ビルに設けた専用のスペースでは、
客がネット通販で注文した衣料品を試着できるほか、その場で商品を受け取ることもできます。

ヤマトによりますと、ネット通販では再配達の負担が増加しているうえ、
注文した衣料品のサイズが合わないなどの理由で、商品が返品されるケースが増えているということです。
会社では、客がふだん利用する駅ビルに試着できるスペースを設けることで返品を減らせるほか、配達の負担も削減できると見込んでいます。

ヤマトホールディングス事業戦略担当の鈴木修マネージャーは
「返品が増えると社会的なロスも増えてしまう。駅ビルなど生活動線上に試着スペースを設けることで返品を減らしたい」と話していました。

ヤマトでは試験的な取り組みを行ったうえで、今後、数年かけて、
全国の駅ビルなどおよそ150か所に試着スペースを設けていくことにしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180104/k10011278691000.html


続きを読む

Source: gossip1.net